取り扱い製品

Ki Pro Ultra Plus マルチチャンネル HD/4K/UltraHD レコーダー・プレイヤー

w610__N_1117151p2
3G-SDI、ファイバーや HDMI 2.0 といった最新の接続性にも対応した、最大 4 チャンネルまで同時に収録可能なマルチチャンネル Apple ProRes 対応レコーダー。
シングルモードでは 4K/UltraHD/2K/HD に対応した Apple ProRes® または Avid DNxHD® MXF レコーダー兼プレイヤーです。
標準価格:¥563,000-

白黒pr02.

Ki Pro Ultra Plus とマルチチャンネル収録

Ki Pro Ultra Plus を使用すると、1 チャンネル 4K の収録とプレイバック、最大 1080p の HD ビデオの 4 チャンネル同時収録が、直感的に行えます。

このデバイスは、HDR のプレイバックに対応する HDMI 2.0 で接続、専用のウェブ UI からの遠隔操作、データの品質を保証する Ki Protect 機能、3 年間保証といった多彩な特徴を持っています。

 

マルチチャンネル HD 収録

Ki Pro Ultra Plus では、最大 1080 50/60p の HD信号 を 1、2、3 もしくは 4 チャンネルで、 Apple ProRes コーデックにて同時に収録することが可能です。

1 台の Ki Pro Ultra Plus につき最大 4 台 のカメラを接続することでマルチカメラプロダクションをシンプルにし、セット、スタジオおよび中継車での設営時に必要な電力、スペース、時間そして労力を少なくすることができます。

Ki Pro Ultra Plus のマルチチャンネルモードでは、チャンネル毎に個別のコーデックプロファイルをサポートすることも可能です。例えば、チャンネル 1 にハイレゾ Apple ProRes HQ を高品質な最終収録用として設定し、チャンネル 2 には Apple ProRes (Proxy) を 効率の良い編集工程向けに設定することが可能です。

入力 1 に続けて、必要に応じてラスターサイズやフレームレートなどの設定を利用する場合には順番にチャンネルを追加し、HD の Apple ProRes ファイルを同じ AJA Pak メディア* に収録することができます。Ki Pro Ultra Plus では、数時間に及ぶ一連のマルチチャンネル収録を 2つ目の Pak メディアへロールオーバーすることも可能です。

*注 :-R0 モジュール表記の Pak Media 1000 モジュール、および -R1 モジュール表記のすべての Pak Media モジュールは、マルチチャンネル収録に対応しています。

 

独立した ProRes ファイルで、そのまま編集へ

Ki Pro Ultra Plus でのマルチチャンネル収録では、各入力を正確なタイムコードで個別に収録し、マルチチャンネル編集シーケンスへそのまま移行できるようになっています。追加の変換作業やソフトウェアは不要です。単純に、Pak Media もしくは RAID ストレージから編集ソフトへ直接ドラッグ & ドロップしてください。

お好みに応じてクリップ名設定はカスタマイズできますが、各マルチチャンネルファイル末尾には「_1」「_2」「_3」「_4」といった枝番が振られるため、後工程での素材管理がとても容易になります。

 

マルチチャンネルモードにおいても、連続収録とロールオーバー(リレー収録)が可能に

マルチチャンネル収録時に 1 つまたはほんの少しでも入力が途絶えてしまうと、編集過程で重大な同期的な問題が起こってしまいます。もしその問題を解決できるとしても、途方もない時間がかかります。しかし Ki Pro Ulra Plus は、どの入力に対しても信号ロスを探知次第すぐに、入力信号が復元されるまでまたは収録が終わるまでは、 “Loss of Signal” とキャプションが入ったカラーバーフレームを収録するように設計されています。

この方法で、すべてのマルチチャンネルクリップは同じタイムコード継続時間になるので、どのノンリニア編集においても各クリップは完全に並列になります。そのため、フレームを差し込んで尺を長くしたり、音声を調節して補正することなく、編集担当の方は信号ロスがあったどの収録でも単純にカットすることができます。この機能は Ki Pro Ultra Plus の各入力に対して働きますが、ロールオーバーモード(リレー収録モード)においても機能します。メディア間に亘る際に信号ロスがあったとしても編集時に問題がないように、各ファイルに収録されるタイムコードは同一になります。

白黒pr02.

技術仕様

ビデオフォーマット

  • シングルチャンネルモード

    • (4K) 4096 × 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
    • (4K) 4096 × 2160PsF 23.98, 24, 25, 29.97*
    • (UltraHD) 3840 × 2160p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
    • (UltraHD) 3840 × 2160PsF 23.98, 24, 25, 29.97*
    • (2K) 2048 × 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
    • (HD) 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
    • (HD) 1080i 25, 29.97, 30
    • (HD) 1080PsF 23.98, 24, 25**, 29.97**
    • (HD) 720p 50, 59.94, 60
    • マルチチャンネルモード

      • (HD) 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
      • (HD) 1080i 25, 29.97, 30
      • (HD) 1080PsF 23.98, 24, 25**, 29.97**
      • (HD) 720p 50, 59.94, 60
      • *注 : 1.5G-SDI × 4、10-bit 4:2:2 YCbCr、4 分割 (スクエアディビジョン) の場合のみ
      • **注 : 25 と 29.97 で収録するには、レコードタイプを PsF に選択する必要があります。

対応コーデック

  • Apple ProRes 444*
  • Apple ProRes 422 (HQ)
  • Apple ProRes 422
  • Apple ProRes 422 (LT)
  • Apple ProRes 422 (Proxy)
  • *注 : Apple ProRes 444 の 4K/UltraHD/2K/HD の最大フレームレートは 30 fps になります。
  • 対応コーデックコンテナ

    • Apple ProRes .MOV
    • AVID DNX MXF または .MOV

記録メディア

  • 2 スロット、 AJA Pak SSD メディア Pak256, Pak512, Pak1000, Pak2000
  • Pak-Adapt-eSATA*, Pak-Adapt-CFast*
  • *注 : AJA が認定するメディアのみ

デジタルビデオ入力

  • 3G-SDI × 4, SMPTE-292/296/424, 10-bit (12-bit 入力対応)
  • Fiber LC* × 4, 3G-SDI, SMPTE-297, 10-bit
  • 4K/UltraHD 4:2:2 または 4:4:4 (BNC × 4 または Fiber LC*)
  • Dual Link 4:2:2, 4:4:4 (BNC × 2 または Fiber LC*)
  • Single Link 4:2:2, 4:4:4 (BNC × 1 または Fiber LC*)
  • HDMI 標準 Type A コネクター × 1
  • HDMI v2.0
    • 4:4:4 RGB 8/10/12-bit (Deep Color)
    • 4:2:2 YCbCr 8/10/12-bit
    • 4:2:0 YCbCr 8-bit
  • *注 : オプションの SFP モジュールにより搭載可能

デジタルビデオ出力

  • 3G-SDI × 4, SMPTE-292/296/424, 10-bit
  • Fiber LC* × 4, 3G-SDI, SMPTE-297, 10-bit
  • 4K/UltraHD 4:2:2 または 4:4:4 (BNC × 4 または Fiber LC*)
  • Dual Link 4:2:2 または 4:4:4 (BNC × 2 または Fiber LC*)
  • Single Link 4:2:2 または 4:4:4 (BNC × 1 または Fiber LC*)
  • HDMI 標準 Type A コネクター × 1
  • HDMI v2.0
    • 4:4:4 RGB 8/10/12-bit (Deep Color)
    • 4:2:2 YCbCr 8/10/12-bit
    • 4:2:0 YCbCr 8-bit
  • HDR Infoframe (インフォフレーム) 生成、CTA-861.3/HDMI 2.0a 準拠
  • *注 : オプションの SFP モジュールにより搭載可能
  • デジタルオーディオ入力

    • 16 チャンネル, 24-bit SDI/Fiber エンベデッドオーディオ, サンプルレート 48kHz, 同期
    • 8 チャンネル, 24-bit HDMI エンベデッドオーディオ, サンプルレート 48kHz, 同期
    • 8 チャンネル, AES/EBU (DB-25 TASCAM ピンアウト経由 × 1/2)

アナログオーディオ入力

  • 8 チャンネル, 24-bit A/D アナログオーディオ, サンプルレート 48kHz (1 x DB-25 Loom コネクター)
  • +24dBu フルスケールデジタル
  • 周波数応答 +/- 0.2dB 20Hz から 20kHz

デジタルオーディオ出力

  • 8 チャンネル, 24-bit SDI/Fiber エンベデッドオーディオ, サンプルレート 48kHz, 同期
  • 8 チャンネル, 24-bit HDMI エンベデッドオーディオ, サンプルレート 48kHz, 同期
  • 8 チャンネル, AES/EBU (1/2 x DB-25 Loom コネクター経由)
 
  •  
  •  
    •  
    • アナログオーディオ出力

      • ボリュームコントロール付きステレオアンバランスドヘッドフォンジャック (3.5mm ジャック × 1)

      • 8 チャンネル、24-bit D/A アナログオーディオ、48kHz サンプルレート (DB-25 TASCAM ピンアウト × 1)

      • 2 チャンネル アンバランスド RCA コネクター × 2

      • 収録モード

        • マルチチャンネル HD Apple ProRes 収録 (Pak1000/Pak512 R1/Pak256 R1 のみ対応)
        • シングルチャンネル 4K/UltraHD/2K/HD 収録
        • プレイバックモード

          • 一度に 4K/UltraHD/2K/HD いずれか 1 チャンネルのみ可能

タイムコード

  • SDI RP188/SMPTE 12M (SDI BNC 経由)
  • LTC 入力 (BNC × 1)
  • LTC 出力 (BNC × 1)

リファレンス入力

  • 外部リファレンス (BNC × 2)
  • ルーピング、無終端
  • ブラックバーストまたは 3 値シンク

ネットワークインターフェイス

  • 10/100/1000 Ethernet (RJ-45)
  • REST を用いたリモートコントロールのためのウェブサーバー
  • ウェブインターフェイス経由のビデオコンフィデンスモニター
  • DATA-LAN モードのウェブインターフェイス経由でクリップのアップロードとダウンロード
  • ウェブインターフェイス経由で設定と転送のコントロール

マシンコントロール

  • RS-422、DE-9 メス端子、Sony 9 ピン プロトコル
  • 9 ピン D コネクタのピン配列 (下表):
1 GND
2 TX-
3 RX+
4 GND
5 No Connection
6 GND
7 TX+
8 RX-
9 GND
Shell GND

ユーザーインターフェイス

  • ロータリーセレクションノブ
  • 専用の転送コントロールボタンとメニューボタン (バックライト付き)
  • ビデオモニターとメニュー/ステータスをオーバーレイ表示できる 1280 × 720 TFT LCD ディスプレイ
  • クローズドキャプションサポート

    • CEA-708, CEA-608
    • ファイルシステムサポート

      • HFS+, exFAT

電源

  • デュアルリダンダント 最大電流 5.4 A、通常電力 35-60 W、最大電力 65 W
    • AC : 100-240V 50/60 Hz (AC アダプター)
    • DC : 12-18V 4 ピン XLR (シャーシ)

サイズ (W × D × H)

  • 219.46mm × 237.24mm × 84.08mm (8.64 インチ × 9.34 インチ × 3.31 インチ)

重量

  • 2.6 kg (5.6 lbs)

動作環境

  • 動作温度 : 0℃ から 40℃ (32℉ から104℉)
  • 保存温度 (電源オフ) : -40℃ から 60℃ (-40℉ から 140℉)
  • 動作湿度 : 10% から 90% (結露なきこと)
  • 動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)